スフィアライト実践評価と評判はこちら!

スフィアライトHID実践評価はこちら!

スフィアライトのHIDライトが届きました!

 

 

ハロゲンライトより明るさ、消費電力、寿命とも優れた
HIDライト、LEDライトですが、
通販で話題沸騰中のスフィアライトでHIDライトを購入しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中を開けるこういうふうに丁寧に梱包されてありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

本体はこのようにHIDバルブ、HIDバラスト、HIDコントロールユニットが封入されてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはHIDバルブで、ハロゲンと違って、
電球自体で光るのではなく、
バッテリーから電力を供給して発光させるタイプのバルブですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にこちらが、HIDバラストでこれがないとHIDを点灯することができないので、
いわゆるHIDの心臓にあたる部分ですね。

 

 

 

スフィアライトでは安価なスタンダードと、
より明るい超薄型バラストがありますが、
値段は倍しましたがせっかくなので、超薄型にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからこちらはHIDコントロールユニットで、
HI/LO切り替えるコントローラーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはリレーレスとバッテリー直のものがあり、
こちらリレーレスで配線が難しいタイプですので、
そういう場合は取り付け設置店に依頼するといいと思います。

 

 

 

車種によってはリレーレスとバッテリー直のものがありますので、
バッテリー直だと一般の方も意外と簡単に設置することができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HIDヘッドライトを取り付けてみました!

 

 

取り付ける前、もしくは後にヘッドライトクリーナーで磨いておくと、
設置した際、綺麗にヘッドライトを照らせるようになりますので、
余裕があれば磨いておきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

近くのカー用品店でもこのような商品が1000円程度で販売されてありますので、
店員さんに聞いてどれがおすすめのか聞いておくといいですよ。

 

 

 

整備工場でして貰うと、工場によって多少異なりますが、
3000円のコースとか9000円のコースとかあるので、
自分で施工した方が費用の削減にもなるし、
結構簡単なので自分で施工することをおすすめします。

 

 

 

ヘッドライトクリーナーもヘッドライト専用のものと、
ヘッドライトにもボディにも施工できるものもあります。

 

 

 

 

 

※ヘッドライトクリーナーで黄ばみ、くすみを落とし、
トップコートでコーティングした時の体験記事はこちらです。

 

 

⇒ヘッドライトの黄ばみ、くすみはヘッドライトクリーナーで除去!

 

 

 

 

 

 

私もヘッドライトは自分で施工しましたが、
ヘッドライトクリーナー施工した後のハロゲンヘッドライトの灯りの実験画像がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

壁面に照らし画像はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトを磨いただけでも意外と明るくなりますよ。

 

 

 

 

 

 

それからお楽しみのスフィアライトで購入したHIDライトの実験映像です!

 

 

 

今回はHIDコントロールユニットがリレーレスなので、
取り付け設置店にて取り付けて貰いました。

 

 

 

取り付け後の映像がこちら!!

 

 

 

 

 

 

 

 

壁面に照らし出しても見違えるほど明るくなりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり車好きにとってはライトも明るい方が、
車も格好よく感じますよね。

 

 

 

HIDヘッドライトに変えてからは夜のドライブがワクワクし、
カーライフもより一層楽しくなりましたね。

 

 

 

それから暗い夜道も明るく照らすことができるので、
安全運転もできますね。

 

 

 

スフィアライトはバリエーションが豊富で、
輸入車やバイクにも設置できますし、
LEDのドレスアップやバックランプ、ルームランプなどたくさん取り扱われているので、
きっとお目当ての商品が見つかりますよ。

 

 

 

 

スフィアライトで愛車にHIDライトや、LEDライトをドレスアップされたい方
こちらからご覧になられてみてくださいね。